日本初となるシェフのためのコワーキングスペース「re:Dine GINZA」外貨や日本円を独自通貨「favyPay」にチャージ、店内で便利にスマホ決済

オリジナル電子マネープラットフォーム「ポケペイ(ポケットチェンジPAY)」を採用した独自通貨「favyPay」、本日より本格スタート

株式会社ポケットチェンジ(本社:東京都港区、代表取締役:青山新)は、2019年1月17日にグランドオープンするシェフのためのコワーキングスペース(レストラン)「re:Dine GINZA」(リダイン 銀座)に、外貨を国内外の電子マネーに交換可能なポケットチェンジ端末を新たに設置する。

店内のポケットチェンジ端末では、外貨や日本円から、当社の提供するオリジナル電子マネー発行プラットフォーム「ポケペイ(ポケットチェンジPAY)」を採用して発行された独自通貨「favyPay」にもチャージ可能。「favyPay」を使って、店内で快適・便利にスマホ決済が可能となる。

シェフのためのコワーキングスペース「re:Dine GINZA」とは
飲食マーケティング総合企業の株式会社favy(代表取締役社長:高梨巧、本社:東京都新宿区)が運営する、日本初となるシェフのためのコワーキングスペース。独立や起業を目指す次世代のシェフの挑戦を応援するべく、120の客席とホールスタッフ、5つのキッチンを備えたシェア型レストランです。お支払いは、favyの独自通貨(オリジナル電子マネー)である 「favyPay」をはじめ、完全なキャッシュレス化に挑戦している。

favyPayとは
「re:Dine GINZA」の他、「coffee mafia」全店など、株式会社favyの直営店舗で利用できるfavyの独自通貨(オリジナル電子マネー)

re:Dine GINZA
店舗住所:東京都中央区銀座4丁目3-1 9F (東京メトロ銀座駅 C8出口を出てすぐ)
営業時間:ディナー 17:00〜23:00(フードL.O. 22:30)店舗HP: https://ginza.redine.jp/